DOE-実験計画法

工事予定-2014年11月~12月!
DOE(Design Of Experiment)実験計画法。

L4から始まり直行表の原理を学んだ後、代表的な直行表であるL8、L9、L16、L18の解説、要因の割り付け方と計算方法。
品質工学(田口メソッド)のための混合系直行表L12の解説と割り付け、計算方法。

実験計画法と言うと厳めしい名前ですが、やり方はそれ程難しいものではありません。実際にはパターン化されていて、機械的に解けます。キーポイントは直行表とその割り付けでしょう。
後は、分散分析で結論をだします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中