文法もどきから

文法もどき

これは文法ではありません-あくまで会話のための文法もどきです。私は実践英語のように文法なんてくそくらえ!派ではありません。外国語を学ぶ時は文法は大いに役立ちます。効率よく学ぶためにも文法学習は必要でしょう。ただし私たちは学者になるのではありません。あくまで英語を使って仕事をしている者で、英語は1種の道具ですから別の考え方もあってよいと思います。学校教科書的には間違っていますが使うための文法(もどき)として大目にみてやってください。私の文法もどきは次の10個ほどですが全部覚える必要はもちろんありません。

1:定型第2位の法則-動詞は文の2番目に置く。
定型とは動詞のことです。ヨーロッパ系語では動詞は文の2番目にきます。これが大原則で極端に言えばあとの語順はどうでも構いません。普通は主語が1番初めに来ますが、1番初めは自分の言いたいものが来ますので次に言いたいものがどうする・こうするの動詞が来ます。ドイツ語は文法がキッチリできていて名詞などには格変化がありますから本当に何処に置いても通用します。英語にも弱い格変化はありますが曖昧です。前置詞には方向性を与える働きがあるので、前置詞で始まる語彙 例えば on- ”on monday”、in- ”in this room”、for- ”for you” などはどこに入れてもOKでしょう。英語の会話では動詞を2番目に置いてください-約束事です-そうすれば相手に通じます。

2:私達の会話は時制の一致はしない、三単現のsは付けない、複数単数は無視する。
日本語での会話でも過去に起こったことは話の途中から現在形になってしまいます。例えば、昨日さあ-デパートに買い物に行ったら、高校の時の友達に会ってさ、・・・それで・・して、それから・・・で、・・・して、楽しいね・・・で帰り遅くなっちゃった!過去の部分は初めと最後くらいで中身は現在形です。目の前にまざまざと物語が展開していて会話がはずみます。ドイツ語では過去形は使わず現在完了でお話ししますね。現在完了はずっとその状態が継続している状態ですからその方が自然です。三単現のsは余裕あれば付けてもそれはベストでしょうが・・・やはり要りませんね・・・そう言えばドイツ語にも3単現のtがあったような・・・。複数単数も会話なら無視しましょう-相手は分かってくれます。
細かいことは捨ておいて、可能な限り短く言う-が鉄則です。

*おまけ・・・
aも気にしなくてOKです。aとanはどっちでも良いです。anにするのは次の単語の母音が重なって発音し難いためですから嫌ならa(ア)をエイと発音すれば問題ありません。theは無理かもしれません。なぜかと言えば・・・太陽はsunと言う人が多いのですが、太陽はthe sunです。sunは恒星の意味です。天に輝く我らの太陽は1つしかありませんのでthe sunです。月もmoonは衛星を意味しますのでthe moonと言いましょう。theはそれが何か分かっているものや1つしか存在しないものを表します。よく使う使い方で形容詞や分詞の前で・・・な人達や・・・なことなどを表せます。例えばthe richでお金持ちの人々になります。この位は付けてあげましょう。

*おまけのついでに・・・・

Thank you ! はスマイルと共に付けましょう、愛想笑いで構いません。西洋では子供のころからスマイルを親から訓練させられます。歯をだしてニヤッとするスマイルです。日本人は感覚が鋭いので直ぐに愛想笑いと見破ってしまいますが、西洋では常識です。是非、西洋の方とお話するときはThank you+スマイルでお願いします。

3:関係代名詞は2つ以上入れない-相手が分からなくなってしまう。
関係代名詞は1つでも入れたらアナウンサーかと思われます。2つも入れたら相手が混乱して目を回します。どうしても文を繋げたかったらtoで繋げましょう-これで十分です!名詞も動詞も何でもかんでもtoでくっ付けてしまうことです。原則、1文章中には動詞1個しか入れられないのでto+動詞(の原形)か-動詞+ing形にするか-関係代名詞で繋ぐかですが会話ではtoが簡単です。とにかくto-to-to-toで押し通します!

4:動詞が出てこなかったらtakeかgetを入れる-ワイルドカードですね!
takeとgetは万能動詞です-英語のiPS細胞。意味が広いので会話では応用範囲が広いです。ちなみに主語が出てこなかったらit(自分から見て空間・時間的に近いもの)やthat(自分から見て空間・時間的に遠いもの)で代用しましょう。物の名前が分からなかったらstaffにしておきます。これらも万能細胞です。

5:5文型-S+V+0+C/Oくらいでいいかな?
英語の習いたてに5文型と言うものを習ったことがありますね。
S+V
S+V+O
S+V+O+O
S+V+O+C
S+V+O+O+C
どのような構文でもこの5つの文型に入るそうです。Sは主語でVは動詞ですのでこれは外せません。Oは目的語、Cは補語です。元々これらはS(主語)がOにOを及ぼす-と言う力の作用過程を表していますからS+V+O+OまたはCの構文1つで十分です。それ以外も覚えていたら宴会の席で自慢しましょう。

6:動詞と言いたい部分を強く発音してみる。
-これで大体通じます!

7:5W 1Hの次のbe、do動詞は飛ばす。
-Whatと言ったら何?Whenなら何時(いつ)?・・・Howなら方法を聞いているに決まっているので省略できるものは省略しましょう。Be動詞は分からない位軽く発音されているでしょう。doもそうです。doとdoesは意識しなくてもよいです-面倒ですから。

8:語尾を上げて疑問文にする。
-語尾を上げて疑問文にしてしまいましょう。思い切ってオーバーに上げます。
これは世界共通で大体通じます。

9:英語はフランス語の影響(1066年ノルマンコンクェスト-興味のある方はwebなどで調べてみて下さい)を強く受けていて発音が曖昧です。第1母音にアクセントのあるものや第2母音だったり、第1母音にアクセントがある場合が動詞で第2母音では名詞になったりと英語を母国語にしない我々を悩ませます。ここは1つドイツ語を見習って第1母音にアクセントとアルファベット発音で押し切りましょう。きっとドイツ語訛りの日本人と思われます。

*おまけ

中学校で習ったこと・・・oftenのfは発音しない!そんなことは無かったです。半数以上の人、特にヨーロッパの方はオフテンと発音(教養のある方が多いらしいです)しています。たぶん発音しやすいのではないでしょうか?学校英語は使えないと思ったものです。私は幸いに学校英語の成績は悪かったので殆ど覚えていません。それが幸いし、社会人になってからの英語は略ゼロからのスタートでした。邪魔な前知識が無い分覚えは早かったです。初めてアメリカに1か月出張して直ぐに喋れるようになりました。ただしテキサス訛りのBroken Englishでしたが(^o^!)。でも実務では全く問題ありませんでした。つくづく無駄なことしなくて良かったと思いました-皮肉です!
私よりひどい英語を堂々と話している方は世界中にたくさんおります。皆さん立派に仕事されています。

10:その他
未来形のお話
-be going to と will は違います。両方未来を表しますがbe going to はbeそのような状態にgoing to 向かっている-意味なので既に予定まどが決まっていて時がたてばそうなることになっている場合などに用います。I am going to tokyo tommorrow。など出張で行く予定になっていますなどの時の表現です。willは自分の意思が入ります。willは遺言とかの意味もあるでしょう!自分の意思が入ります。

現在形のお話
-現在形は事実や原則の表現です。ちょっと冷たいですね。”これは~です”と言い切っていますから。論文系の表現ですね。私たちの生活では少し前の状態から現在まで、そして未来へと・・・未来はあるかどうかわかりませんが(これホントです)、よってドイツ語では現在完了形などが多用されている理由です。未来は分かりませんね、余談ですが国家試験で未来の表現が出てきたら×です。現在完了形は過去の影響が現在まで影響している事の表現ですから学校では完了・経験・継続・結果を表すなどど教えていますね。

過去形のお話
-過去形も過去の1点です。過去完了は前の過去から次の過去までの影響を表しています。会話では余り使いませんね。

to+動詞の原形=動詞のing形のお話
-これも同じではありません。ing形は進行形なので動きがあります。to+の形は動きがありません。To see is to believe=Seeing is believingではありません。前者は一般論や法律、規則できめられているような固定した表現です。後者は動きがありますから人間の感情が入ってきます。見ることは信じることだよ~と叫びたくなるような感じですね。ing形は動いているイメージなので躍動感があります。springなども春の意味なら植物が生き生きと成長して行く状態を表しているのでしょう。泉の意味ならドンドン湧き出してくるような感じです。動きを表現したかたっらing形にしてしまいましょう。

スラングは使わない!少し慣れてくるとスラングを連発しがちです。お勧めできません。イギリスとアメリカと他の国に共通なスラングは余りありません。native以外の方には通じない事が多いものです。テキサスで初めて知ったスラングはブーシェでした。スペルは分かりません。元々の意味は”雌馬のけつ”-と言う意味らしいですが?Oh my god!に近い意味で使っていたような気がしました。とにかく言うと、皆に受けましたが、他で使えるかは???
big questionですね。

-今の所は以上です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中