推定と検定

前置:
確率的にどのくらい起こるの-起こらないの?・・・が検定で確率的にこの位(の範囲)じゃないですかねェ~と予測するのが推定です。共に確率論ですから間違いを起こすかも知れませんね。
そこで危険率・・・間違いを起こす確率、信頼区間・・・間違いを起こさらないでしょうと言う範囲を条件として付け加えます。これらを難しく解説しているものが、統計の本として販売されていますね(^o^)。私も買って睡眠薬の代わりにしましたし、カップ麺の重しにしもしました。でも最後は本棚の飾りにはなったかな(笑)!この章では具体例を入れながら効率よく理解できるように解説して行きたいと思います。
学生時代は-バンカラ(死語かな?)でしたので、分からないことがあると又、分からない教え方すると1/4は腹立モードで+1/4はなげやりで+1/4は知りたい一心で+1/4は素直な学生心で教授陣の部屋のドアをたたき・・・でも、こう言うことでしょう!自由度なんて水増し係数でしょう!危険率なんで外れ率でしょう!・・・と喧嘩腰で教授に詰め寄り、すったもんだして・・・何故かその夜は学校近くの飲み屋で教授(おめェ~面白い学生やな、どこから来た-何にぃ~茨城のド田舎か・・・はっはっはっ!)と一緒に飲んでいたりと・・・面白い学生時代でしたね・・・下流の私大でしたが教授陣は皆優秀かつユニークでした、もう一度戻って謝りたい・・・前置き終わり!

では t 検定 から始めてみましょうか:

第2次攻撃は F検定 で:

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中